このたび七段へ復帰することができました。
みなさん本当に応援ありがとうございます。
昇段できたのはみなさまのお力添えあってのことだと思っております。
以前も言いましたが、ここは長い長い道の途中でしかありません。
私はグループの代表として、八段、九段、十段、そして最終的には天鳳位にならなければいけないのです。
もちろん以前降段した時よりNISHI理論は進化しています。
しかし鳳凰卓のレベルも上がっていることだろうと存じます。
鳳凰卓の皆様と切磋琢磨し、上を目指していく所存であります。
これからもNIHSI、そしてNISHIグループをよろしくお願いいたします。


2012年某月某日都内某所にて
日本麻雀NISHIグループ
代表 NISHI

この記事に対する批判・苦情は受け付けておりません
inserted by FC2 system