あるところにシハロという国がありました
その国の隣にはモルサという国がありました
このふたつの国は非常に仲が悪く戦争ばかりしていました
モルサ国の兵士は言いました
「憎きシハロ国め、絶対にバツを与えてやる」と
その兵士は自分の思いを忘れないように決意を大木に掘り込みました

にくし
しはろ
ばつ

inserted by FC2 system